公的機関(区役所・市役所・福祉事務所)でお金を借りる方法

何らかの理由でお金に困った時には、銀行や貸金業者だけではなくて区役所や市役所などの公的機関からお金を借りることもできます。行政では様々な支援制度を用意していますので、お金に困った時には最寄りの役所や福祉事務所などを訪ねて率直に相談してみるのも一案です。

 

たとえば全国の各都道府県にある社会福祉協議会には、生活福祉資金貸付制度があります。それは低所得者世帯や障害者世帯、それに高齢者世帯を救済するために融資してくれる素晴らしい制度です。もしも該当するなら、是非とも相談すべきです。

 

また、生活福祉資金貸付制度には総合支援資金もあります。それなら失業などで生活が困窮した人も救済してもらえる可能性があります。基本的生活費や賃貸物件への入居費用、または生活再建費用などを借りることができです。それから事業資金不足で困っているなら、日本政策金融公庫、いわゆる国金を当たってみる方法もあります。国金なら金欠で経営が苦しい時や新規事業資金を調達したい時など、低金利で融資してもらえることが見込めます。

 

ちなみに生協の中にも、生活困窮者や多重債務者などの生活再建のために低い金利で融資を行う消費者信用生活協同組合があります。原則として利用は組合員に限られていますが、人によっては選択肢の一つになり得るかも知れません。

トップへ戻る