申し込みの流れを確認!最短でカードローンで融資してもらう方法

カードローンの申込みの流れは、金融機関によっても異なっている場合がありますが方法としては所得証明が必要になるケースが多いです。こちらは金額が大きい申し込みをする場合などに必要となるものですが、ローンということから身分証明書の確認が出来る免許証などの証明書が必要になっております。ただし、最短で早くカードローンの申込みをされたいという方のためにインターネットでの申し込みなどや電話での相談などが出来る仕組みが存在しています。

 

流れですが電話での申し込みの後に封筒などが送られてきます。そちらに勤務先などを記載し、問題がなければカードローンのためのカードが送られてくる、このような仕組みであります。また、場合によっては勤務先に連絡を行うというケースがあるため、お勤め先にご自身がローンを申し込んでいるということがばれてしまうという危惧も出てきます。

 

この他に注意点としてはローンということは貸し付ける、ということでありますから年利はとても高いです。年利についての計算を怠ってしまうと、気づけばとんでもない金額を申し込んでいたということになります。預金などの金利は低いケースが多い昨今ですが、それとは逆にローンの年利はどちらの金融機関も高い傾向があります。

 

本人確認書類が住基カード対応のカードローン

クレジットカードを扱う金融からお金を借りたい場合、始めに条件を満たさなくてはいけません。利用契約を結ぶ必要性があり、そこの手順を踏まないとならないです。先ずは対象の金融業者に問い合わせして、来店で契約するか、郵送でやり取りしたいのか伝達しましょう。

 

利用契約を結ぶ場合は審査がともないます。返済できるほどの収入があるか、月々にまとまった額の給与が入る者であるか確認されますから注意してください。契約時に必要な物は

 

・会社側が用意した必要書類(記入した物)、印鑑証明と身分証明生書(移し可能)です。後は給料明細・源泉徴収表(コピー)を提示もしくは郵送します。ちなみに身分証明書は免許証や健康保険証、住基カード、マイナンバーなどです。免許証なら郵送を洗濯した場合、コピーで済みます。しかし保険証だけだと他に別の身分証明を出す必要性があるでしょう。場所によって変わりますから、ターゲットになる金融業者に聞くのも一つのやり方です。

 

必要な物を揃えて郵送、あるいは提示した後は審査されます。簡単に通る例では高収入で不正が全く感じられない、ブラックリストに乗っていないなどです。通常通りに条件を踏んでいれば問題はないでしょう。

 

お金を借りる審査の流れについて

大手消費者金融のキャッシングサービスは便利である一方で誰でも絶対に契約できるわけではありません。各金融機関ではお金を借りる審査が行われており、審査を通過することでキャッシングが可能となります。基本的には虚偽の申請などを行わず毎月安定した収入があって在籍確認の電話を受けることができれば審査は通るのですが、場合によっては審査落ちしてしまうことがあります。具体的な審査通らない原因を解説していきます。

 

審査通らない理由として真っ先に挙げられるのが、金融事故歴がある場合です。過去に自己破産をしてしまった場合や他の他社からローンを借りて延滞してしまった場合などには審査通過が極端に難しくなってしまいます。大手消費者金融などの金融機関は申し込み者の延滞歴などの情報を共有しているので初めて利用する金融機関でも延滞歴などの情報は知られてしまっているのです。

 

なお消費者金融の多くはスコアリング審査をしているので金融機関によって審査が甘いことはありません。アコムでもプロミスでも基本的な同じような基準で審査を行っている点を把握しておきましょう。一方で消費者金融は銀行と比較してやや審査が甘い傾向にあることも理解しておくと良いですね。

トップへ戻る