カードローンよりも身内に借りる?お金は誰に借りればいい?

身内からお金は借りやすいはずです。血が繋がっている以上は助け合いや、思いやりがともないやすいのが身内でしょう。旦那や妻、義理の関係なら話は変わりますが、基本的に仲良くしているなら問題は少ないです。祖母・おばあちゃんからお金を借りる時、きちんとした理由でお話しましょう。孫の事を大事に思っているならば、正当な理由で要求されたらお金は出すかも知れません。普段からお小遣をくれたり、仲良くしているならお金をそのままくれる可能性があります。なるべく相手に負担がかからない様に動くべきです。

 

兄弟からお金を借りる場合、ここは仲良しかそうでないかによって対応が変わります。普段から会話もして遊びに行く様な仲であれば、困った時に助けてくれるでしょう。しかし仲も良くない、会話も少なく中傷が含まれる悪口の言い合いが目立つなら、まず諦めましょう。敵対視されていると相手の利益にはしたくないのが人間の性です。

 

子供から借りるのは少し厳しい決断ですが、お子さんから尊重されていたり、恩を感じられていれば簡単にお金を差し出すでしょう。親密度や日頃からの行いによって変わりますから気をつけたいところです。普段から人から好かれていれば相手の態度は違います。

 

カードローンよりも身内に借りる?お金は誰に借りればいい?

身近な人からお金を借りる時は、マナーや思いやりを持って借りましょう。知人や同僚の方だとお金を出して貰うのは厳しいです。親しい間柄ではなく、あくまで関係が薄い方達と言えます。知人だと知っている人同士を意味して、同僚なら職場で同じ立場にいる間です。そのような方達からお金を借りる場合、断られる可能性はあります。もしも運良く出してくれた時、きちんと感謝をして約束事を守りましょう。利子を自ら付けてお返しするのが良いです。

 

友達や恋人からは借りやすいはずです。親しい関係であり、友情や愛が伴っていると少し身を削ってでも助けてくれます。けれども中が良い間柄と行っても無理難題を要求したり、お金を借りたままにしてはいけません。きちんとマナー・礼儀を守ってアクションすべきです。

 

先輩と呼べる相手からもお金を出して貰う事は出来ます。相手は上ですから、困った後輩に手を指しのべてくれる確率は高めです。異性関係なら仲の良さや関係性によって変わります。会社の上司もそうですが、普段から気に入ってくれてお付き合いをしている、仕事帰りにお酒を共にする場合であれば借りる事が可能でしょう。注意して欲しいポイントは、人間は不快・嫌いな相手にお金は出したがりません。

トップへ戻る