契約社員や派遣がお金を借りるコツ

銀行などの金融機関からお金を借りる場合、正社員として一定期間以上の勤続年数が申し込み要件とされているケースが多く、契約社員や派遣社員という立場会社勤めをしている場合には契約が難しいと考えられがちです。しかしながら契約社員や派遣社員で会社勤めをしている場合でも銀行のカードローンやキャッシングであれば特に問題なく契約ができるので急遽お金が必要になった場合にはカードローンやキャッシングサービスに申し込みをすることをおすすめします。

 

カードローンやキャッシングの審査を通過する際にポイントとなるのが勤務先への在籍確認です。金融機関は申し込み時に勤務先として申請した職場に電話をかけて申し込みをした人が本当に在籍しているかを確認するのです。契約社員の場合は直接契約をしている会社を勤務先として申請し、派遣社員の場合は派遣先の職場ではなく派遣元の職場を勤務先として申請すると良いでしょう。

 

なお勤続期間も大切で、最低でも半年間できれば1年以上同じ職場で仕事を継続した後カードローンやキャッシングに申し込みをすることで審査を通過できる確率が上がります。大手消費者金融のキャッシングやネット銀行のカードローンであれば審査もはやいので急いでいる時に便利です。

トップへ戻る