学生でも銀行からお金を借りる方法

学生がカードローンやキャッシングを利用してお金を借りるのは、できる場合とそうでない場合があります。お金を借りるにあたってもまずは申し込みの条件があり、ほかに申し込み後の審査の基準をパスできるかどうかという、いわば二段構えでの対応が求められます。特に銀行の場合は顕著ですが、一般的なカードローンやキャッシングの申し込み時点での年齢制限として、満20歳以上という条件が加わっていることが多いはずです。

 

したがってすでにこの年齢に達している大学生の場合はよいとしても、それ以外は最初から認められない可能性があるといえます。また審査については定期的で安定した収入があって、しかもその収入で借り入れた金額の返済ができるかどうかが基準です。アルバイトなどの収入がある場合は審査にパスできる見込みがありますが、大学生とはいっても収入がないと審査は厳しいといえます。そこでまずはアルバイトなどの収入の道を確保しておくことが先決です。ほかには学生ローンとよばれる特別なカードローンに申し込む方法があります。この場合は学生で18歳以上であれば申し込みが可能ですが、親が保証人となるなどの制約が付いていることが多いといえます。

トップへ戻る