外国人がお金を借りる前に知っておく知識集

外国人でもお金を借りる方法はあります。国内の銀行の場合には、永住権を持つ外国人であれば、日本人と同様にカードローンなどの申し込みができるのが一般的です。ただし永住権があるという部分がネックで、外国籍ではあっても審査の際に特別永住許可証を提示できる人などは有利になりますが、それ以外の普通の外国人では難しいおそれがあります。いっぽうで消費者金融系のカードローンや、少額を随時借り入れるキャッシングの場合には、永住権の有無にかかわらず、外国人であっても申し込みを認めているケースが多いといえます。

 

もっともこの場合でも審査に合格できるかどうかがキーポイントです。日本国内に住所を持っておらず、本人確認が事実上できないような場合にはやはり消費者金融系であっても認められません。在留許可期間の残りが少ない場合にも、将来的に確実に貸したお金が返済されるかどうかが不透明になってしまいますので、同様に認められないことがあります。また審査の前段では在留カードなどの本人確認書類の提出を求められますので、このような書類を提出できることも条件です。いずれにしても一般的な日本人よりはハードルが上がることは覚悟したほうがよいでしょう。

トップへ戻る