お金を借りる方法は職業によって違います!職業にあった借入方法を伝授!記事一覧

銀行系カードローンは消費者金融のカードローンよりも金利が低めという利点があり、公務員や会社員におすすめすることができます。銀行系カードローンは、様々なサービスが充実している魅力もあります。カードローンを組むことで、一定回数のキャッシュカード利用の手数料が無料になることもあります。消費者金融のカードローンは手続きを簡素化することができて、審査の時間が短い利点があり、即日で利用することも可能です。消費...

専業主婦でもお金を借りることは可能ですが、いくつか注意しておきたい点があります。即日融資などの便利なサービスを持っている消費者金融系のカードローンやキャッシングでは、本人に安定した収入と返済能力があることが条件となっている場合がほとんどです。つまりは本人に収入がなければ申し込み自体が認められず、専業主婦も独自の収入がないという部分で申し込みは不可となっています。これは総量規制という法的な規制も関わ...

世界、特に日本の高齢化は進む一方で年金受給者は年々増加してきています。それに伴い年金の額は今後も減っていくことが予想されているので、高齢者の生活は苦しくなる一方です。昔は年金だけで暮らしていくということも現実的ではあったのですが、今では年金だけでは暮らしていけず働き続けるという方も多くいます。しかし歳をとるにつれて身体の不調なども出てくるので満足に働けないという方もいるようです。そこで状況に応じて...

自身で起業して独立した自営業の人やフリーランスの人など、個人事業主と呼ばれる人々は法人勤めの人と比べると収入の安定性に欠けることから、お金を借りることが難しいイメージがあります。しかし、今では個人事業主向けの融資サービスも充実しており、必要な手続きを踏ばきちんと融資を受けることができます。そこで、個人事業主でお金を借りたい人は、以下の点を知っておくようにしましょう。まず、銀行や日本政策金融公庫で借...

アルバイトやパートでも、カードローンを利用することはできます。消費者金融の多くは、様々な人が利用できるように配慮していて、バイトで勤務している人でもキャッシングすることも可能になっています。フリーターとして働いていると、給与が低かったりボーナスが出ないなどお金の面で困ることも出てきてしまいますが、消費者金融だとフリーターだったとしても、毎月一定の給与をもらっていれば融資を行ってもらうことができます...

銀行などの金融機関からお金を借りる場合、正社員として一定期間以上の勤続年数が申し込み要件とされているケースが多く、契約社員や派遣社員という立場会社勤めをしている場合には契約が難しいと考えられがちです。しかしながら契約社員や派遣社員で会社勤めをしている場合でも銀行のカードローンやキャッシングであれば特に問題なく契約ができるので急遽お金が必要になった場合にはカードローンやキャッシングサービスに申し込み...

学生がカードローンやキャッシングを利用してお金を借りるのは、できる場合とそうでない場合があります。お金を借りるにあたってもまずは申し込みの条件があり、ほかに申し込み後の審査の基準をパスできるかどうかという、いわば二段構えでの対応が求められます。特に銀行の場合は顕著ですが、一般的なカードローンやキャッシングの申し込み時点での年齢制限として、満20歳以上という条件が加わっていることが多いはずです。した...

外国人でもお金を借りる方法はあります。国内の銀行の場合には、永住権を持つ外国人であれば、日本人と同様にカードローンなどの申し込みができるのが一般的です。ただし永住権があるという部分がネックで、外国籍ではあっても審査の際に特別永住許可証を提示できる人などは有利になりますが、それ以外の普通の外国人では難しいおそれがあります。いっぽうで消費者金融系のカードローンや、少額を随時借り入れるキャッシングの場合...

夜職や水商売というのは、日中に働くよりも多くお金を稼げる反面で、安定した収入とはみなされないためお金を借りるような信用力を必要とするカードローンやキャッシングサービスを利用するのは難しいと言われます。しかし、お金を借りることはまったく不可能というわけではなく、いくつかの借りる方法があります。そもそもお金を貸し付けるカードローンやキャッシングサービスでは貸したお金を返してもらえることが前提ですから、...

トップへ戻る